菅谷梨沙子・Berryz工房まとめブログ~Risakoの魔女っ子ランド

菅谷梨沙子とBerryz工房メンバーの情報ブログです。

ニュースサイト

2日、横浜アリーナにて開催されたMnet「M COUNTDOWN No.1 Artist of Spring 2014」に超新星をはじめ、2PMやGirl's Day、Block.B、4Minute、そして唯一の日本歌手としてBerryz工房が出演、全15組のアーティストが華やかなステージを繰り広げた。

「M COUNTDOWN」は毎週木曜日に韓国Mnetにて世界13か国で生放送されている人気プログラムである。今回、「M COUNTDOWN」の世界を体感できる本イベントには日本を超え世界で人気を誇る豪華アーティストが総出演し、会場の熱気が高まった。

トップバッターは2PMのニックン、Girl's Dayのミナ、MBLAQのジオ、Block.BのP.O、Berryz工房の菅谷梨沙子による「アナと雪の女王」の主題歌「Let It Go」。ピアノを弾いたニックンが幻想的な明かりの中登場。ミナの澄んだ歌声にジオと菅谷梨沙子のボーカルが加わり、P.Oは勢いのあるラップを披露するなど、ここでしか見ることの出来ない豪華なコラボレーションに大きな歓声があがり、オープニングに相応しいステージとなった。

http://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=1992272



tc_search_naver_jp


 

4月2日、横浜アリーナで、WORLD NO.1 K-POP CHART SHOW「M COUNTDOWN」のグローバルツアー『M COUNTDOWN No.1 Artist of Spring 2014』が開催。イベント前に記者会見が行われました。その速報レポートをお届けします!

会見に登場したBerryz工房の清水佐紀さんは最初に、「今回出演する中で、日本の唯一のアーティストということでかなりドキドキしているのですが、Berryz工房は、3月3日でデビュー丸10周年を迎えたので、10年間のパワーを見せつけたいなと思う」と挨拶。

さらに、“ももち”こと嗣永桃子さんは、「韓国で新人賞を受賞したりと、韓国とは縁がある。海外では、日本ではなかなか味わえない黄色い歓声を浴びることができて、本当に嬉しかったので、今年はたくさん海外でライブができるように頑張りたいなと思う」と、アジアのファンへメッセージを残しました。

http://www.womaninsight.jp/archives/61650


f6442cd7e2098ea0b73f3a29d07040cb-500x345


女性アイドルグループ『Berryz工房』が2日、神奈川・横浜アリーナで開催される韓国CJ E&Mと共同主催で行われるグローバルツアー『M COUNTDOWN No.1 Artist of Spring 2014』を前に、記者会見に臨んだ。レッドカーペットでは、多数の女性ファンから“ももち”嗣永桃子のももちコールが起こりニッコリ。
 この日は、白と黒でまとめた衣装で現れ、清水佐紀から、本公演への出演が決まった時のことを、「今回出演させていただく中で、私達Berryz工房は日本で唯一のアーティストということでドキドキしています」と、心境を。
 さらに、先月3日にグループ10周年を迎えたことから、「デビュー10周年のパワーを見せつけたいというのと、きょう初めてBerryz工房を見るという方が多いと思うので、1人でも多くの方に、Berryz工房を、好きだと思って頂けるように頑張りたいです!」と、新たなファン層獲得へも意欲を見せていた。
 アジアのファンへのコメントを求められると、“ももち”嗣永桃子は、「韓国でもライブをやらせて頂いて、そのときに新人賞を頂いたり、韓国とはご縁があって嬉しいなと思っています」と、同国との縁を語り、「去年は4ヶ国で海外ライブをさせていただきまして、日本ではなかなか味わえない黄色い歓声だったりを浴びることができてうれしかったので、今年も海外でライブができるように頑張りたい」と、抱負を語った。

http://newslounge.net/archives/121650


538c94ab26a64a6a5821f91371fae204

↑このページのトップヘ